短編小説一覧

ごくごく短い短編小説

履歴

320年前の今日、私は備前の百姓の家に生まれました。名を「いち」と申します。貧しい家で朝から晩まで両親と夫の仕事を手伝い、子供を八人産んで育てました。将軍様のおいいつけでお犬さまや…