お面

40

お祭りは嫌いです。

雑踏に消える人の声や、下駄が地面を蹴る音、太鼓、細くて高い音色のお囃子。
あれがガチャガチャガチャガチャ溶けあって、何とも言えない気持ちになるんです。

ノスタルジィ?
ああ。そういう風に言うんです?

とにかく、泣きたい気持ちになるんです。

昔ね、弟が祭りの夜に消えたんです。

キツネのような顔をした人たちが、お囃子と一緒に踊りながら向こうからやって来て。

あっと言う間に連れて行っちゃったんです。

後には弟が被っていたキツネのお面だけが落ちていました。

だから、私は、弟がお面を取りに戻ってこないかと思って。

こうやって、キツネに似た人と友達になっては、顔を貰っているんです。

あなたも。

コメントする(承認後表示されます)

*大文字小文字は判別しません