習慣

35

六時半に起きるのが日課だった夫は、少しでも早く起こすと「まだ、なってない」と寝言のようにつぶやくのも日課だった。

もう、この人を起こす朝も来ないのだと思うと、何度でも涙がこみ上げてくる。

花で覆われた冷たい手に触れ、別れを告げると、葬儀屋が厳かに蓋をする。

出棺の時間だ。

釘打ちの石を握り、トントンと蓋を叩くと夫の声がした。

「まだ、なってない」

コメントする(承認後表示されます)

*大文字小文字は判別しません