悪習

94

大人になるにつれ、他人の言葉が本音なのか建て前なのか分からなくなり、カードのお告げに頼って行動するようになってしまった。

古びた木の箱に入ったタロットカードを買ったのは学生時代のこと。

あの頃はこの箱を出すと、みんなが周りに集まってきた。

友達との交流が目的でカードをめくっていたのに、今は一人で行動を確認するためにめくる。

どうしてこんなに寂しい人生になってしまったのか。

何か。何か良くない「気」のようなものが、恐らく私から出ているのだろう。

どうしたらいいのか分からない。

今日も、カードに教えてもらわなくては……。

私はどうすればいいのか。

最近、「毎日やっている悪習をやめるように」というお告げがよく出るのだけど。

それが何だか分からないから聞いているのに!

コメントする(承認後表示されます)

*大文字小文字は判別しません