おぼえとけ

89

ICカードを自動改札に押しつけ、家路に着くために急ぎ足でホームに向かう。

きちんと右側通行を守る人の群れに混ざって歩いていると、反対方向から突っ込んで来た小さい人とぶつかった。

子供かと思ったら、背の低いおじさん。

すれ違いざまに、

「おぼえとけよ」

と、まん丸い目でにらまれた。

自分から突っ込んできたくせに……。

と、少しムッとしたが、今どき「おぼえとけ」なんて子供でも言わない。

振り返ると、おじさんはあちこちで人とぶつかり、そのたびに「おぼえとけよ」と怒鳴っている。

笑いながら階段を降りようと足を一歩踏み出したら、

そこに、階段はなかった。

真っ逆さまにどこかに落ちて行きながら、おじさんの声を聞く。

―― おぼえてた?

コメントする(承認後表示されます)

*大文字小文字は判別しません