白夜

なんと不幸な人生なのだと泣きながら目覚めたら、枕元に座した母が微笑みながら髪を撫でてくれた。

今までの人生は、まだ小さな子供の私が見た夢であった。

……という夢をもうずっと見続けている。

コメントする(承認後表示されます)

*大文字小文字は判別しません