さびしい食卓

70

今日もご飯を作って、綺麗に盛って食卓に並べる。

時間をかけて味が沁みた茶色いブリ大根。
ゆで卵入りのマカロニサラダ。
ひき肉を炒めて荒く潰したマッシュポテトで包んだコロッケ。

どれも良い出来栄え。

けれども、温かい内に食べてくれる家族は居ない。

いつかはこうなると知っていたけれども、夫は帰って来ない。

独りきりの食事は寂しい……寂しい……。

私は涙をこぼしながら独りでご飯を食べる。

帰宅したら、今日も食卓に食事が並んでいた。

妻が結婚する時に実家から持ってきた人形が、今日も妻の椅子に座っている。

白いドレスにピンク色のフリルのエプロン。
黄色い巻き髪と口元に真っ赤なケチャップが付いている。

胸元も。
あの日と同じように真っ赤なケチャップで染まっている。

食べるから……。

そろそろ赦してくれ……。

コメントする(承認後表示されます)

*大文字小文字は判別しません