後ろ姿

76

エスカレーターで。

自分の2段上を上って行く女の足を、私はボーッと見ていた。

細いふくらはぎの下に引きしまった足首。
形はとてもカッコいい。

なのに、肌が出来ものだらけだ。
赤いシミ、青いシミ、あちこち傷だらけ。

第一、もうすぐ冬が来るというのに生足で。

引きしまった足首の下には寒々しい裸足のまま黒いピンヒール。

どういう素性の女なのだろう、と想像した。

よくドラマに出てくる場末のキャバレーの女。

そんな物語が出て来そう。

顔はよく見えないが、後ろ姿の足から生活の苦労が見える。

人の後ろ姿は人生を語るものだなぁ……。

そんな事を思いながらエスカレーターを上りきろうとした時。

背中に視線を感じて振り返ると、2段下にブレザーの学生服を着た見覚えのある少女が立っていた。

私だ。

この顔は、学生時代の私だ。

その2段下にはランドセルを背負った幼い私が立っていた。

2段上の女は……。

コメントする(承認後表示されます)

*大文字小文字は判別しません