真実を知れ

77

ツイッターは面白い。

自分の手で集めた「話が合う」人たちが、『タイムライン』と呼ばれる私のページで好きな事をつぶやいたり語り合ったりする。

地震が起きた時は、ニュース速報よりも早く情報を伝えてくれる。

お天気もそうだ。

話の内容から何となく近県に住んでいると思われる人が「雨だ」とつぶやいたら、こっちも用心して洗濯物を取り込む。

しばらくしたら、本当にこっちの空にも雨が来る。
情報網として便利。

九州の人が暑いと言っていると思えば、北海道の人は雪だと言っている。

日本は長いと実感する。

ある時、西の方に住んでいると思われる人たちが

―― 地震だ!

―― 助けて!

と、騒ぎ出した。

―― 水が! 水が!

―― 助けて!

「どうしたんですか? 」「だいじょうぶ? 」

いくら呼びかけても返信がこない。

その日以来、西の方に住む人たちは私の『タイムライン』から消えた。

テレビのニュースも新聞も、大きな災害を報じることはなく、何も変わらない風景は気味が悪かった。

その何日か後。

東に住んでいる人たちが、今度は

―― 地震だ!

―― 助けて!

というつぶやきを残して姿を消した。

私の『タイムライン』に残っているのは、この近隣に住んでいると思われる人たちだけになった。

私だけではなく、みんなの『タイムライン』もそうらしい。

テレビは相変わらず日本全国のニュースを報道し、バラエティ番組やドラマを流し続けている。

本当の日本は、今、どうなっているのだろう。

もう何年もこの家から外に出ていないけれども、私は外を確かめようと玄関を一歩出た。

―― ITH50 の『ひきこもり実験』を終了します。

―― やはり、人は切羽詰まれば行動を起こすということか。

―― 現実の繋がりよりもインターネット情報を切ることですね。

コメントする(承認後表示されます)

*大文字小文字は判別しません