「ビルマの竪琴」(1985年・日本)

「ビルマの竪琴」(1985年・日本)

sensou

だいぶ前に観たものの、ジャングルで隊員が叫ぶ「水島。一緒に日本に帰ろう!!」のシーンは今も記憶に残っている。

多くの命を失ったことを自分の責任に感じる必要は全くない状況下だが、繊細な人は遠い異国に仲間の骨を残しては帰れないと考えたかも知れない。

歌が命を救ったり仲間との間を繋いだり、そういう所はファンタジーだが、音楽は世界共通の言葉であり、だからこそ平和の象徴にもなりえるという事は真実。
中井貴一さんの当り役であり、何年も僧侶の印象が拭えなかったほど。

 にほんブログ村 映画ブログ 戦争映画へ

あらすじ : 太平洋戦争末期のビルマ戦線で、日本軍は中立国タイに向けて撤退していた。水島上等兵は竪琴を上手く扱い、これが隊に癒しを与えていた。ある日、国境近くの村で敵軍に囲まれた隊員たちは、ここで『埴生の宿』を敵とともに竪琴伴奏で合唱し、日本の敗戦を知る。皆は捕虜として投降したが水島は未だ敗戦を知らない残兵の説得のためにビルマに残り、やがて玉砕した兵たちの慰霊のために巡礼に出る身となる。 監督:市川崑 キャスト: 石坂浩二、中井貴一

コメントする(承認後表示されます)

*大文字小文字は判別しません