「火垂るの墓」(1988年・日本)

「火垂るの墓」(1988年・日本)

sensou

アニメーションであるからこそ自由に演出できた、市井の人を描く戦争映画の傑作。
子どもの魂が彷徨うシーンの数々は何年経っても頭の中で再現できるほど印象深い。

リアリティある生活の様子と、ファンタジックな亡霊映像の融合。
戦火に巻きこまれて保護と生活を失った子供の末路に涙する。

子供の妙な意地やプライドが引き起こした悲劇とも言える。
そういう意味では他人の生活に構わない現代にも彼らは存在するのだろう。

 にほんブログ村 映画ブログ 戦争映画へ

あらすじ : 太平洋戦争末期の兵庫県で、神戸大空襲に遭い家と母を失った14歳の清太は4歳の妹・節子と懸命に生きようとした。食料のない時代、親戚といえども他人の情けは受け辛く、子供の身は住む場も配給も受けられず、節子はみるみる衰弱していく。 監督:高畑勲 キャスト: 辰巳努、白石綾乃

コメントする(承認後表示されます)

*大文字小文字は判別しません